キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 医療脱毛の肌へのリスク : 新宿で生まれ変わる。初めての医療脱毛

医療脱毛の肌へのリスク

新宿で生まれ変わる。初めての医療脱毛

あまり語られないクリニックの医療脱毛が肌にダメージを与えるリスク、新宿で脱毛ケアを受ける前に気を付けたいこと

医療脱毛の肌へのリスク

新宿の医療脱毛は永久脱毛、エステと違って医師のクリニックでのサポートをしっかり受けられるため、肌リスクは限りなくゼロに等しいと思っていませんか?医療脱毛にもそれなりのリスクがあることはあまり語られません。

医療脱毛の場合、エステ脱毛と違って使用する機材のパワーが大きく、レーザーの強力な熱で脱毛を行います。

レーザーは黒い色に反応して熱変換します。

そのため、一番多いのはやけどのリスクということになります。

一般的にはやけどにならないように細心のケアをします。

照射に関しても適度に行うようにするのですが、日焼けで肌を黒くしているなどの場合には、肌にも熱変換が起こってしまうのです。

やけどが起こる原因の多くは、極端な日焼けによるものです。

やけどしてしまうと、やけどのあとが残ることがあります。

これはやはり肌リスクになるでしょう。

クリニックではやけどのケアはしてもらえますが、あとが残りやすい人は注意が必要です。

脱毛ケアの前に日焼けしないようにというのは、注意書きにも常に明記されているものですが、少しの日焼けで肌が黒くなってしまう人は特に注意しましょう。

また、毛膿炎とも言われるにきびのような症状があらわれることがあります。

これはレーザー処理で一時的に肌のバリア機能が失われることが原因とされています。

にきびのように時間がたてば治りますが、にきびあとのようなあとができることもあります。

これも新宿のクリニックでケアを受けることで緩和されます。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN